採用情報


店主ごあいさつ

お目に留めて頂きありがとうございます。店主の平岩です。

簡単に私の仕事への想いを書き出してみました。

 

仕事への想い

あんかけ太郎の始まりは伏見堀川沿いに今もある『SAKURA』からあんかけスパの専門店として2005年に始まりました。 生まれも育ちも名古屋で学生の頃から地元のあんかけスパを食べており、大人に混じって高校生ながらカウンターで食べるあんかけスパは格別美味しく時代時代に色々な想い出のある食べ物でした。 大学卒業後東京で営業職につき様々な社長さんと会うことで独立心に目覚め幾度か転職、その頃29歳。その年齢からまずは手に職をと決心したのが「あんかけスパ」でした。

 

私自身決して料理好きでも会話好きでもありませんでしたし人前では緊張しいで滑舌も悪い、独立意欲もそれほどありませんでしたし、何より飲食店でアルバイトをした経験もほとんどありませんでした。それでも何店かであんかけスパを学び独立に至った歳が35歳、何か特別な接客や調理をした訳でもなく派手な売上がある訳でもなく地道に毎日当たり前のことを当たり前のようにやり続けて「一人一人のお客さん」と「料理」と「モノ(店や機器)」を大切にすることで今に至っています。

 

特に転職してからは自分のやれる範囲のことなら携わった全ての事にトコトン最後まで妥協なくやり抜くことが今の結果に現れているように感じます。また様々な出会いもあり従業員も店も増え「あんかけスパ」という名古屋発祥の食文化に特化することを強みに商売をここまで続けてくることが出来ました。

 

しかしもっともっと夢も希望も会社も大きくしていきたいものです。

それには『あんかけ太郎』に入社した一人一人がヤリガイのある、地に足付いたイキイキとした自信のもてる会社にしないといけませんよね!

 

さぁ土台はできています!

まずは得意なことから始めましょう!

 

打倒ラーメン!

打倒カレー!

やっぱり妥当かも・・・まずは追いつきたい!

店主 平岩 裕章

店主直通便はこちら >


各店店長のインタビューはこちらから


入社して自分の未熟さに気づけたことは、自分にとって宝です。

本店SAKURA:紙田店長

ここならいい経験が積めると思い、あんかけ太郎に入社を決断しました。

長者町店:岩田店長

あえて厳しい世界に自ら志願し入社に至り早10年が経ちました。

栄4丁目店:菊間店長

何と!『常連』から『働かせてもらう』事になったのです。

名古屋城金シャチ横丁店:鷲澤店長